柿を苗木から育てる

柿を苗木から栽培してみよう

 

 

 

 

苗木の植え方

注意点
柿は日光をとても好みますので、日当たりがよく、風当たりの少ない場所を選びましょう。
また、かなり大きくなりますのであまり狭い場所に植えるのはお勧めしません。

柿は木の勢い、樹勢が良くなりすぎると実がなりません。
なので根があまり地中深く張らないように植える必要があります。

50p位下にブロックや大きな石を入れて、木の根が横に逃げるように
する必要があります。土を入れた後は土を固めず、やさしく土を被せましょう。

苗木を植えるは、11月下旬から翌年の2月下旬くらいが最適です。
植え穴は大きめに掘って(深さ40〜50p、直径は苗木に合わせて
大体40〜70cm程度)下さい。

赤玉土 7 腐葉土 3の割合でよく混ぜて土を作ります。
※掘りあげた土に腐葉土を混ぜても良いです。

 

植付け後の管理

定植後3〜5年程度ははしっかりと支柱を立てて樹を結束し、
風雨によって柿の木が揺れないようにします。

●肥料
根が直接当たらない深さに元肥として発酵油粕と緩効性肥料などを入れます。
量が多すぎると柿の木にダメージを与えるでの注意が必要です。

●水
苗を植えたら、水は土が乾いたかなと思ったら与えて下さい。あまり頻繁に行う必要は
無いと思います。
乾燥に注意し、特に夏の乾燥が激しい時には、敷草やかん水などを行って乾燥を防止します。

●剪定
重なり合った部分の枝を切り取ります。晩秋から冬季には、
将来の樹形を考え整枝・剪定を行います。



スポンサード リンク
 


inserted by FC2 system